お知らせ・イベント情報

【プレスリリース】根の葉緑体を作るのに窒素同化鍵酵素が重要であることを発見

~イネグルタミン合成酵素アイソザイムの巧妙な使い分けを明らかに~

草野都教授らの研究グループは、イネの窒素同化に不可欠な細胞質局在型グルタミン合成酵素(OsGS1)のアイソザイムであるOsGS1;1が、光合成を行わない根の葉緑体形成に大きく関わることを明らかにしました。本成果は、日本経済新聞(2月17日)OPTRPNICSオンライン(2月18日)および日本協同組合新聞(2月19日)に掲載されました。また、プレスリリースとして国立環境研究所環境情報メディア「環境展望台」で紹介されました。

詳細はこちらをご覧ください。

This entry was posted in お知らせ・イベント情報. Bookmark the permalink.