研究成果

PLOS Genetics誌へ壽崎拓哉准教授・三浦謙治教授らの論文が掲載

壽崎拓哉准教授・三浦謙治教授らは、LANと名付けたタンパク質が根粒共生と菌根共生において、植物が共生微生物を根の中に受け入れる際に働くことを明らかにしました。

詳細はこちらをご覧ください。

This entry was posted in 研究成果. Bookmark the permalink.