研究成果

Scientific Reports誌へ三浦謙治教授・江面浩教授・星川健助教らの論文が掲載

【植物でタンパク質を大量に作る技術を開発 ~一過的発現システムの改良~】           

植物において、タンパク質発現システムのスタンダードとなり得るベクターの構築に成功した重要な成果であり、特許協力条約(PCT)に基づく特許出願済みです。

詳細はこちらをご覧ください。

This entry was posted in 研究成果. Bookmark the permalink.