研究成果

Scientific Reports誌へ小野道之准教授らの論文が掲載​(2017.8.30オンラインにて発表)

CRISPR/Cas9-mediated mutagenesis of the dihydroflavonol-4-reductase-B

(DFR-B) locus in the Japanese morning glory Ipomoea (Pharbitis) nil

アサガオDFR-B遺伝子座におけるCRISPR/Cas9を用いた変異体の作出

Scientific Reports誌はこちらをご覧ください。

アサガオのゲノム編集に世界で初めて成功 -8

プレスリリースはこちら

What’s your story, morning glory? Scientists use CRISPR technology to change flower colour in an ornamental plant

英文プレスリリースはこちら

日本経済新聞(web)「2017年9月4日 1:40 筑波大など、アサガオの変色に成功 ゲノム編集で」はこちら

This entry was posted in 研究成果. Bookmark the permalink.