お知らせ・イベント情報

  • 拠点
  • 学生向け
  • 研究員向け

形質転換植物デザイン研究拠点セミナー(26)

形質転換植物デザイン研究拠点

 | 

ナス科アルカロイド生合成の分子制御

日時:平成27年2月5日(木)13:30〜14:30
場所:筑波大学 遺伝子実験センター2F セミナー室(211)
演者:庄司翼先生(奈良先端科学技術大学院大学バイオサイエンス研究科)

要旨:
植物アルカロイドは、その生理活性のために医薬や毒物として利用されてきた。
アルカロイドは、特定の植物種や属に限定して蓄積される二次代謝産物であり、その生合成は顕著な組織特異性や刺激応答性を示す。
強い薬理活性を示すニコチンは、化学防御に機能するタバコアルカロイドである。ニコチン含量が低下したタバコ変異体において、発現が抑制される遺伝子をスクリーニングすることで、ニコチン生合成系遺伝子を効率的にクローニングした。酵素やトランスポーター(Plant Physiol 2009)に加え、これらを統括的にコントロールするマスター転写因子を同定した(Plant Cell 2010, Plant J 2011,Plant Physiol 2013)。同定された転写因子が、低ニコチン変異の原因遺伝子であることやニコチン合成を誘導するジャスモン酸(JA)シグナルの情報伝達系を構成することなどを明らかとした。タバコと同じナス科に属するトマトにも同種のJA応答性転写因子が存在し、トマチンなどのステロイド性アルカロイドの生合成遺伝子群を制御することを示した。多種多様なJA誘導性二次代謝に共通する制御機構が存在する可能性が高い。マスター転写因子を含む制御ネットワークを解明し、有用代謝産物の代謝工学への応用を目指す。

参考文献
Shoji T et al. (2013) Plant Physiol. 162; 977-990.
Shoji T & Hashimoto T (2011) Plant J. 67; 949-959.
Shoji T et al. (2010) Plant Cell 22; 3390-3409.
Shoji T, Inai K et al. (2009) Plant Physiol. 149; 708-718.

This entry was posted in お知らせ・イベント情報, セミナー情報 and tagged , , . Bookmark the permalink.